交通

Uターンラッシュのピーク予想と渋滞回避のコツ

ゴールデンウィークのUターンラッシュ予想


2018年、ゴールデンウィークも終わりに近づいています。
Uターンラッシュの混雑ピークは、5日から6日あたりだと予想されています。

渋滞予報士の外山敬祐さんによると、

東京方面へのお帰りは5月6日(日)がおすすめです。今年の上り線の渋滞は、5日(土)にUターンラッシュがピークを迎え、この日は各高速道路でお昼過ぎから夜まで激しい渋滞となりそうです。


とのこと。

とはいえ、翌日が月曜日ですし、不測の事態が起こることもふまえて、早めに行動はしておきたいです。


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-7722948619268269"
data-ad-slot="9910254638">



渋滞情報確認


リアルタイムの交通情報は、ネクスコ西日本のホームページで随時更新中です。
スマホアプリも提供されています。

渋滞を回避するコツ


速度低下に注意


高速道路を走っているとき、いつのまにか緩やかな上り坂になっていて、無意識に速度低下が起こることが渋滞の原因のひとつとされています。
そういった場所には、標識が立っているので、確認しておきたいですね。
ドライバーひとりひとりの心がけで、渋滞は緩和できます。

無駄な車線変更はしない


高速道路で、前が詰まってしまうからと車線変更を頻繁に繰り返す車をよく見かけます。
ですが、後々、車線変更をしなかった車が追いついてしまうというシーンに遭遇することも少なくありません。
事故の確率も上がりますし、余裕を持って運転したいものです。

ブレーキを踏まなくてすむ車間距離


渋滞が発生してしまうのは、ブレーキを踏むから。
適度な車間距離があれば、ブレーキを踏む場面は減ります。

まとめ


上記のことに注意すれば、大型連休で車の絶対数が増えたとしても、渋滞を減らすことができます。
ぜひ、注意してみてください。