スポーツ

羽生結弦(フィギュアスケート)2017-18シーズンプログラム使用曲まとめ

『羽生結弦といえばSEIMEI』と言えるくらい代表的なプログラムとして定着しました。
他にも2012年のロミオとジュリエットもファンの間では人気ですが、やはりオリンピックで滑ったプログラムの曲は外せません。

ピョンチャンオリンピックシーズンで使用した楽曲をまとめました。

ショートプログラム


バラード第1番ト短調

言わずと知れた、ショパンの名曲のひとつ。
今季で3シーズン目となるプログラムです。

いろんな方が演奏されてますが、個人的には辻井伸行さんが演奏しているバラードが好き。

バラード第1番ト短調 Op.23

フリープログラム


SEIMEI(『陰陽師』サウンドトラックより)

羽生結弦がフリープログラムで使用した楽曲の原曲は、映画『陰陽師』のメインテーマとして使われている曲で、オリジナルサウンドトラックに収録されています。
また、『SEIMEI』は羽生選手本人がつけたタイトルです。

金メダルを取ったプログラムの楽曲ということで、ショップでは売り切れ状態となっています。
追加生産はしているそうですが、早く聴きたい方はダウンロード版がおすすめです。

陰陽師・メインテーマ


オリジナルサウンドトラック「陰陽師」コンプリートより

陰陽師・メインテーマ

アルバム・オリジナルサウンドトラック「陰陽師」コンプリート


オリジナル・サウンドトラック「陰陽師」コンプリート

プログラムで流されているのは編集した曲で、アルバム内の他の曲も使われています。
曲のタイトルも見て、もう一度羽生選手の演技を見ると、「あの部分は何を表現しようとしていたのか」が分かるかもしれませんね。