インターネット

回線速度を測定!快適スピードってどのくらい?目安はコレ!

インターネットの回線速度を気にしたことはありますか?
プロバイダと契約するときに『最大〇〇Mbps』とパンフレットに書かれているのを見たことがあると思います。

そして、実際にプロバイダと契約して、その速度が出るわけではありません。
なぜなら、パンフレットに載せてある速度は、回線の混雑具合や、使用するルーターなどを考慮していない数字だからです。

なので、各プロバイダが掲載している速度が出ると思って、実際にツールを使って回線速度を測定すると、「えっ!?遅くない?」というくらい低い数字が表示されます。

この記事では、
どのくらいの回線速度であれば快適なのかの目安
回線速度の測定ツールのご紹介
回線が遅いときの対処方法
の解説します。


回線速度の目安

回線速度は、下り速度を測定します。

『下り』とは、

・ネットサーフィンをする
・動画を視聴する
・メールを受信する
・ファイルをダウンロードする

ときの速度に関係します。

各サービスを快適に利用できる回線速度の目安(これくらいあれば大丈夫)という基準を書き出してみました。

メール・ネットサーフィン最大12Mbps
低画質の動画を見る30〜50Mbps
高画質の動画を見る60〜100Mbps以上

ベストエフォート型の回線を契約している場合、
パンフレットに書いてある速度の30%〜60%くらいのスピードなら快適だと言えます。

回線速度を測定する

●BNRスピードテスト
http://www.musen-lan.com/speed/speed-img.html
パソコン・スマホ両方測定できます。

●USENスピードテスト
http://www.usen.com/speedtest02/

BNRのほうで実際に測定してみました。環境はauひかり(戸建)です。

internet-speed

最大が110Mbps、平均で41.99Mbpsだったので、一応、高画質動画が快適に視聴できる速度でした。

回線速度が遅いときの対処法

『回線速度が速くなると思って、ひかり回線を契約したのに遅い…』という状況になってしまった場合、いくつかの原因が考えられます。

・古いルーターやLANケーブルを使っている
・ルーターと端末の距離が離れている
・ルーターと端末の間に障害物がある
・電波干渉が発生している

簡単なものだと上記の原因があります。
光回線なのに遅いというかたは、一度ルーターやその周りの環境をチェックしてみてください。